ダイエット中の食生活

1日3回の食事が平均的な食事の方法ですが、ダイエット中で朝食を食べなかったり極端に量を減らしたりしてる人もいるかもしれません。1食分抜けばその分のカロリーを摂取せずに減量できます。簡単に痩せられるということで、一日一食や食事は1日3回だとしても、量が極端に少ないというダイエットをしている人もたくさんいるようです。それでは健康的にダイエットすることはできません。一日3食事きちんと食べましょうとよく言われていますが、まずは1日3食事という食事の方法にとらわれずにダイエットをしてみてはどうでしょうか。1日の食事回数を増やして食事をします。そうすると、3食摂取より空腹になることが少ないので、食べ過ぎ防止になります。朝食を抜いたり、不規則な生活で食事がなかなか3食事きちんとできなかったとします。すると、ずっと食べない時間が長いと空腹の時間が長くなります。空腹だと脳が感じると、次に食べたときのカロリーをたくさん溜めようと作用します。なので空腹の次の食事ではたくさん食べてしまったり、いつもよりカロリーを吸収してしまうので脂肪になりやすいという訳です。ダイエットをしていて食生活を見直すのであれば、3食から5食に増やしてみるとダイエットがうまくできるかもしれません。食事の回数を増やすときは、仮に一日の摂取カロリーを1,200kcalだとするとそれを回数分に分けます。回数が増えたからと言って、食べ過ぎないようにしましょう。